タイ東北部の貧困と児童の就学について

経済成長が著しいタイですが

年々貧富の差が広まりつつあると感じる事があります。

 

バンコクにいると、高級車が溢れ、物が溢れ

完全な消費社会という感じがし

自分自身もその中で生活をしています。

それを当たり前だと感じていました。

私は今の会社を創業してから、

少しでもタイ社会の役に立ちたいと考え

タイ東北部(イサーン)の子供達へ奨学金を送っています。

奨学金はダルニー基金を通じて、

年間2,000バーツ(1児童)です。

年に数回、ダルニー基金からニュースレターが届きます。

そこには貧困の為に

就学がままならない児童の姿が書かれていました。

現在、タイ全体の離婚率が25%だそうです。

両親は子供を田舎の祖父母に預け、

都市部に出稼ぎに出かけます。

仕事の関係で、夫婦が別々に暮らしたり、

労働時間の違いですれ違いが増え

離婚に繋がるケースが多いそうです。

しかも、両親、またはそのどちらかの消息が途絶えるケースもあり

子供達は愛情も注がれず、

教育の重要性をも教えられず、

その結果、基礎教育を終了しないまま、社会に出ることになり

「貧困が連鎖」していく事となります。

その子供の多くは

「未来を思い描く習慣がなく」

その日その日を暮らしているそうです。

私は学校へ行く事は

当たり前だと思って来ましたが

身近なところで、

学校へ行けない子供がいる事を知りました。

少しでも多くの子供達が、

学校へ行ける事を願っています。

 

タイトルとURLをコピーしました