●夫の会社が創業36年を迎えました

みなさん、こんにちは。

 

前田千文です。

 

 

 

夫の会社が

 

創業36年を迎えました。

 

 

 

本人は。。。

 

 

毎年の事ですが

 

忘れていたようです。

 

 

 

 

 

~~~~~

【私のモットー】

 

企業活動を通じて

人々の意識進化に貢献する

~~~~~~

 

 

毎年、創立記念日でも

 

普通に出かけていく夫…

 

 

ごく当たり前の日常です。

 

 

 

夫の会社は

 

夫が35歳の時に起業した会社です。

 

 

印刷の工場を経営しています。

 

 

36年も会社を続けてきたというのは

 

本当に大変だったと推測されます。

 

夫はそれを微塵にも感じさせません。

 

 

 

工場なので多くの製造機械がありますが

 

もともとは鞄一つで

 

印刷ブローカーとして

 

スタートしました。

 

 

 

 

(印刷物は全てルーペで見ます)

 

 

 

 

1983年当時、

 

多くの印刷会社や

 

印刷関連の材料を扱う会社は

 

ヤワラートにあったそうです。

 

 

 

毎日、ヤワラートに足繁く通い

 

印刷の御用聞きからスタートしたそうです。

 

 

 

バスに乗り、ソンテウに乗り

 

営業していたそうです。

 

 

 

初めて配送用のトラックを買ったときに

 

すごく嬉しかったと

 

時々話してくれます。

 

 

 

 

夫と印刷との出会いは

 

ひょんなことから始まります。

 

 

 

もともと大学では建築学を専攻し

 

大学卒業後は大和ハウスに入社します。

 

 

 

たまたま配属されたのが営業部で

 

当時は全然開発されていなかった

 

イノシシが出るような場所を

 

販売していたそうです。

 

 

 

 

ガスはもうすぐ来ます。

 

バスもすぐに通ります。

 

 

と、そんな予定もないのに

 

そういって営業するのが

 

向いていないと思ったらしく

 

年末で会社を辞めてしまいます。

 

 

 

 

公務員試験を

 

受けようと思っていたらしく

 

試験前に

 

たまたまバイトに行った会社が

 

印刷会社だったのです。

 

 

 

 

そこで印刷の面白さに魅了され

 

印刷人としての

 

キャリアをスタートしたそうです。

 

 

 

 

全くの“無”から

 

年商何十億もの

 

会社に育て上げたことは

 

並大抵の努力では

 

出来なかったことと思います。

 

 

 

 

夫をそばで見ていると

 

経営者としてまだまだだと思いますし

 

頑張ろうと思います。

 

 

 

身近にロールモデルがいることは

 

ありがたいことです。

 

 

 

さてと、今日も明るく行きますか!

 

 

 

~~~~

読んでいただきありがとうございました。

応援宜しくお願い致します。

 


にほんブログ村

~~~~

 

 

~~~~~~
NGOミニマムの活動を支援しております。
タイにおける難民支援活動

~~~~~~

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2001年2月、25歳の時にTJ Prannaraiをタイで操業しました。翻訳、通訳派遣、法律本の出版を行う会社を経営しております。会社経営と同時に2015年より泰日経済技術振興協会でタイ労働法の講師を務めております。2020年3月、日本大学大学院を修了しました。修士論文のテーマは「タイの日系企業における労務施策とその影響」です。

コメント

コメントする

目次