非日本人、でもタイ人でもない

タイに来て12年。
とうとう干支を一回りしてしまいました。

先日より大学への願書を書いているのですが
生活の基盤が全く日本にないため困った事が多々あります。

まずは「判子」。
願書に判を押さなければいけないのですが
タイはサイン社会のため、判子を持っていません。
夫に「判子貸して」と言った所
即答で「ナイ!」と…。
急遽、知人に頼み判子を送ってもらうことに…。

その他にも、
住民票もなければ、携帯も持ってませんし
銀行口座も郵便貯金口座もありません。
年金も加入していません。
住民票がないので税金も払っていません。
(タイでは払っていますが)

ふと、
日本人として日本では生活できないな…
と思ってしまいました。

ただ日本語が話せるだけ…
納税義務も果たしてないし…というか果たせないし、
基盤となるものが一切ない!
驚きました…。

タイでは、会社、銀行口座、車、カード、携帯、家があり
生活の基盤が全て揃っています。

ただ、タイではあくまでお客様(外国人)なので
選挙権もなければ、法律の制約もあり…と
一体私って????と、ふと思うことも。

だんだん日本から離れていくのに
かといってタイにどっぷりとも漬かってない状態です。

海外在住の日本人の方!
みなさんはどうしているのでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2001年2月、25歳の時にTJ Prannaraiをタイで操業しました。翻訳、通訳派遣、法律本の出版を行う会社を経営しております。会社経営と同時に2015年より泰日経済技術振興協会でタイ労働法の講師を務めております。2020年3月、日本大学大学院を修了しました。修士論文のテーマは「タイの日系企業における労務施策とその影響」です。

コメント

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

目次