タイ版ワクチンパスポートのMor Phrom(モープロム)登録方法と使い方

みなさん、こんにちは。

タイ在住女社長の前田千文です。

 

タイもワクチンパスポートの導入を決めております。

冊子バージョンを取得された方もいるようですが

電子バージョンが8月25日に発表されました。

8月24日に1回目の接種を終えたので、アプリケーションで登録してみました。

目次

タイ版ワクチンパスポートのMor Phrom(モープロム)登録方法

COVIT-19 Vaccine Appointment Cardを準備する

1回ワクチンを接種すると、次回の予約表をもらいます。

この予約表に記載されている「ID No.」を使います。

もし手元に予約表がない場合は、病院にお問い合わせください。

 

携帯電話にアプリをダウンロードする

まず、このMor Phrom(モープロム)を利用するには

携帯電話にアプリケーションをダウンロードする必要があります。

私はiphoneを利用していますが、

App Storeを利用する国(Country)が日本になっているとダウンロードできません

事前に、アカウントを確認し、もし日本になっている場合は「タイ」に変更するようにしましょう。

タイに変更したら、ダウンロードが可能です。

 

Mor Phrom(モープロム)に必要事項を登録する

Mor Phrom(モープロム)をダウンロードすると

初めに下記のような画面が表示されます。

「Create account」をタップします。

 

 

Create accountをタップすると、このような画面が表示されます。

 

 

ここに1回目にワクチン接種をした際にもらう予約表のID No(13桁の番号)

携帯電話番号を入力します。

携帯電話番号を入力すると、ワンタイムパスワードが届きます。

そしてSubmitをタップします。

 

そうすると、このような画面になります。

 

好きな数字6桁でパスワードを作成します。

もう一度入力します。

Submitをタップします。

 

接種したID No.と名前がリンクされているため

自動で自分の名前が表示されます。

 

これで登録が完了です。

 

全部タイ語なので、これが海外で使用できるかはわかりませんが

今後改善されることを期待します。

Digital Health Pass(電子健康証明書)の利用が可能に
(追加記載:2021年9月27日)

タイ国内で航空機を利用する場合、バンコクエアウェイズ、タイスマイル、エアアジアX、エアアジア、

ノックエア、タイライオンエア、ベトジェットエアの7つの航空会社にて

Mor Phromのアプリ内のDigital Health Passがワクチン接種の証明書として利用できるようになりました。

 

Digital Health Pass

赤枠のところが、Digital Health Passです。

 

 

Digital Health Passをクリックするとワクチン接種の情報が表示されます。

私は1回だけ接種が終了しているため、1回目しか表示されません。

 

 

注意事項

渡航先(例:プーケット、サムイ島)によって、

ワクチン接種証明の他にPCR検査の陰性証明を義務付けている県があります。

渡航の予定がある場合、状況を確認することをお勧めいたします。

 

 

タイでの起業と経営をまとめたブログもよろしければご高覧ください。

タイ起業・経営ブログ

 

女社長の海外起業と経営・日常生活...
タイで仕事ができない人を辞めさせる方法 | 女社長の海外起業と経営・日常生活を語るブログ 「女社長の海外起業と経営術を語るブログ」にご訪問頂きありがとうございます。 このブログにたどり着いたというあなたは 外国や海外での起業、 もしくは海外に住んでみた...
女社長の海外起業と経営・日常生活...
タイ人社員とのお給料に関するトラブルとその対処方法~25歳の時にタイで起業した女社長の実体験 | 女社長... 「女社長の海外起業と経営術を語るブログ」にご訪問頂きありがとうございます。 このブログにたどり着いたというあなたは 外国や海外での起業、 もしくは海外に住んでみた...
女社長の海外起業と経営・日常生活...
会社で横領や窃盗をされた体験談〜タイ人と働く | 女社長の海外起業と経営・日常生活を語るブログ みなさん、こんにちは。 2001年、25歳の時にタイで起業した前田千文です。 「女社長の海外起業と経営術を語るブログ」に ご訪問頂きありがとうございます。 このブログにた...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2001年2月、25歳の時にTJ Prannaraiをタイで操業しました。翻訳、通訳派遣、法律本の出版を行う会社を経営しております。会社経営と同時に2015年より泰日経済技術振興協会でタイ労働法の講師を務めております。2020年3月、日本大学大学院を修了しました。修士論文のテーマは「タイの日系企業における労務施策とその影響」です。

目次