ステートを保つのは自分だけ

みなさん、こんにちは。

前田千文です。

 

東京オリンピックが1年程度延期となりましたが

その報道や選手のコメントを観ていて

真っ先に浮かんだ言葉が

 

ピークステート

 

でした。

 

~~~~~

【私のモットー】

企業活動を通じて人々の意識進化に貢献する

~~~~~~

 

オリンピック選手は

選考会や7月に開催されるオリンピックの時に

自分が最高の状態で

パフォーマンスできるよう

ステートをコントロールしています。

 

 

時々

『調整がうまくできませんでした』

というコメントを耳にすると

ステートの管理が上手くできなかったんだな…

と思ってしまいます。

 

 

周りの環境や状況が

自分の思った通りに進むことはほとんどなく

どんな状況であっても

自分自身で

最高の状態を出すべき時に

最高の状態を出せるよう

コントロールしないといけません。

 

選手の

 

『延期になったことは仕方がありませんが

やることには変わりはありません』

 

というコメントを聞くと

意識的か無意識かはわかりませんが

ステートを保つよう

自分自身に

言い聞かせているのかもしれないと思います。

 

 

私自身は、

ピークステートに関して

最近、失敗したというか

反省していることがあります。

 

 

2020年1月25日…

修士論文の面接試問がありました。

(その様子は→

 

 

この時に、

ピークステートに持って行くように

自己管理しなければいけないのですが

2019年12月26日に

修士論文をDHLの窓口に持って行った時点で

私の中で終わってしまい

面接試問は

 

『いつもの前田さんらしくなかった』

 

と指導教官に言われるほど

散々たる内容でした(涙)

 

 

ただ、その後に

 

『評価されるのは論文だから』

 

と言われ

慰めなのか否かは判りませんが

 

私の中では

 

ステートの管理が出来てなかった

 

と痛感しました。

 

 

今、新型コロナウイルスの関係で

思った通りに物事が進まず

しかも、予定も狂い

イライラしています。

 

 

しかし、

これは私個人ではどうしようもないことです。

 

 

ただ、自分自身の感情や体調の状況は

自分で選択し、

自分が最高であると思える状況を

創り出すことはできます。

 

ステートを保つのは自分だけ…

 

そんなことを考えております。

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~
読んでいただきありがとうございました。
応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村
~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~
NGOミニマムの活動を支援しております。
タイにおける難民支援活動

~~~~~~~~~~~~

タイトルとURLをコピーしました