会社の業績は悪いけど考え方によっては…

みなさん、こんにちは。前田千文です。

今朝のバンコクは18度と涼しく

風も強いので肌寒く感じます。

 

私は2001年に創業し、2021年2月1日には創業20周年を迎えます。

何事もなければ、おめでとう~という感じなのですが

業績が悪くて、お祝いしている場合ではありません(苦笑)

 

業績が悪いのは事実として受け止めています。

 

ただ…一つ、良かったと思えることがあります。

 

会社内の問題点(=改善点)が明るみに出たことで

それを私だけではなく

社員が認識したことです。

 

また認識した後に

どう決断し、どう行動するのかが

明確に分かれたので

それを経営者として把握できたのは良かったです。

 

ですので業績が悪いというのは

考えようによっては、

見方によっては

良かった出来事かもしれません…。

 

 

【動画で振り返る前田の会社経営】

売上が7割ダウンし倒産しかける

タイ人に訴えられる(動画)

外国人であることのデメリット(動画)

共同経営は難しい(動画)

なぜ、タイで起業したのか?(動画)

タイに来たきっかけは?(動画)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました