タイ永住権申請のインタビューが終わりました

一昨日、入国管理局から「最終インタビューのお知らせ」が届き、
本日、入国管理局へ行ってきました。
インタビューは無事に終了しました。

書面には、インタビューの目的とインタビュー日時と場所の記載があります。

インタビューの目的には
「タイ語力の確認」「タイ国への理解度の確認」とありました。

インタビュー前に、書類のチェックを受け、写真を撮影し
てから
番号札をもらい、別室で待ちます。

私は33番札でした。

申請者は中国人、台湾人、インド人が多く
日本人は私だけのようでした。
何名かイギリス人の方もいました。

インタビューは番号札順に呼ばれ
会議室に一人ずつ通されます。

インタビューは入国管理局長ほか3名いました。

インタビューの様子を写真撮影する人、
ビデオを撮影する人
内容を書く人もおり
総勢7名の担当官でした。

みなさんにこやかで、終始雑談のような感じのインタビューでした。

1名ずつから質問を受ける形式ではなく
4名が一斉に聞いてくるので
誰に答えて良いかが判らず
ともかく聞かれた事に答える、、、という
本当に雑談のような感じです。

審査官:名前は何ですか?

私: まえだちふみ です。

審査官:国籍と出身地は?

私:国籍は日本です。出身は山形県です。本州の北側です。

審査官:地震と津波の被害は大丈夫でしたか?

私:宮城県の隣なので、かなり揺れましたが
  反対側なので津波はありませんでした。

審査官:それはよかったですね~。

審査官:タイに何年住んでいますか?結婚していますか?

私:14年になります。結婚しています。

審査官:ご主人の会社の業種を教えてください。

私:印刷業です。

審査官:タイで働いた事がありますか?

私:あります。タイに来た頃はスアンクラーブ高校で日本語を教えていました。

審査官:それは良いですね~。場所はどこですか?

私:サムトプラカン県です。

審査官:好きなタイ料理は何ですか? 

私:イサーン料理が好きです。
(一同驚く)

審査官:イサーン料理の何が好きですか? ソムタムとか?

私:スープ ノッマイが大好きです。
(一同大爆笑)

審査官:なかなかこの料理は食べられませんよ~(笑)
  どこで食べたのですか?

私:学校で働いている時に、
  同僚の多くがイサーン地方のロイエット県の出身でした。
  みんないつもイサーン料理を作ってくれ
  「これがタイ料理だよ~」と食べさせてくれました。
  それと、「タイ語を教える」と言って
  イサーン語を教えてくれました。

審査官:イサーン語を話せますか? 少し喋ってみてください。

私:
 「どこ行ってきたの?」
 「何買ったの?」
 「それはあっちの市場の方が安いのにぃ~」
 「ご飯食べた?」
 「まだ食べてないよ」
 「じゃ、一緒に食べよう」

とイサーン語で会話風に言ったところ、大爆笑でした。

これを最後にインタビューは終わるのですが
部屋を出る時に審査官から

「チャオ シ パイサイ?」
(イサーン語で “どこ行くの?”)

と聞かれ、またまた大爆笑でした。

その他に聞かれた事は

寄付はしていますか?
タイのどんなところを旅行しましたか?
タイのどんなところが好きですか?
なぜタイに永住したいのですか?
自宅での会話はタイ語ですか日本語ですか?

と、ごく簡単な内容でした。

それと、、、

「ご主人のお給料が良いですね~」 と言われ
実は私は夫の給料を知らないのですが、
その事を伝えたところ

「これは、言ってはいけないことを言ってしまったかね?
 今聞いた事は、忘れてください。
 あ、でも、そんなことを言うと記憶されますね(笑)」

と言っていたので

「それはとても有益な情報です!
 家に帰ったら、夫に確認します!(笑)」

と答えたところ

「どこの国でも、奥さんは怖いね~~~~」

と言っていました。

インタビューというよりは
個人的な興味で、会話を楽しむ、、、というような感じでした。

許可はいつ下りるか判りませんが
早く下りて欲しいな~。

友人が「タイ国歌を歌うの?」と聞いてきたのですが
永住権の申請では歌いません。

タイ国籍を申請する時は、国王讃歌と国歌斉唱があります。
夫が歌ったので、、、。

 

タイトルとURLをコピーしました