主夫

先週の月曜日、夫の秘書(ピンさん)に子供が生まれました。
このピンさんには公私ともお世話になり、ウマも合う事から
赤ちゃんが生まれる事を楽しみにしていました。

妊娠中はつわりが半年も続き、何も食べられない日が続き
「何だったら食べられる?」
と聞いたところ、
「ソーメンが食べたい」
と言われた事もあり、ソーメンと麺つゆを買ってあげたことも…。

そんなこんなで、昨日夫と二人で彼女の自宅へ向かいました。

自宅は、一応バンコクなのですが“バーンクンティアン”という
隣のサムトプラカン県に近く、海の側の新興住宅地。
距離は30キロほど…。

本当にここに住んでいるの?というくらい、
のどかな景色で、道路のすぐ側は湿地帯。

何とか到着し、赤ちゃんとご対面~~。

17012010025.jpg

11日(月)に誕生し、次の日には退院…。
名前はPrapasorn(プラッパソーン)ちゃんです。
ニックネームは、日本びいきの両親にちなんで“JAPAN”だそう。

あくびをしたり、時々目を開けたり…
かわいい~~

夜鳴きもせず、ほとんど眠っていて余り手が掛からない様子。
ピンさん曰く
「早く会社に戻りたい」
との事で、産休(90日)があけたら、早々に会社に戻ってくるそう。

旦那さんは…

あ、子供が生まれたので会社を辞めました。
育児に専念します!

タイでは普通にあることですが、
夫も私もかなりビックリ

日本人だったら、
“子供が生まれたのでお金がかかるので、一生懸命働きます”
と思うのだが…。

ピンさんのご主人は、
つい先日まで米系弁護士事務所で働く弁護士さんだったのです。
彼が言うには、
“自宅でも弁護士業は出来ますから!”
との事で
「今は娘と過ごす時間を大切にしたいのです」 だそうです。

出産してまだ1週間のピンさんはダルそう…。
育児は今の所ご主人が全て行っているようです。

赤ちゃんを見て、幸せのおすそ分けをしてもらい
帰り道にシーフードを食べて帰宅。

17012010028.jpg

この辺り、風がとても涼しくバンコクとは思えないくらい長閑です…。

タイトルとURLをコピーしました