タイの警察署にて(昔の出来事編)

「警察証明書」なるものが必要になり、在タイ日本大使館へ行く事になりました。

タイ国永住許可証を申請する際に
「犯罪を犯した事がない」と言う事を証明する必要があるのですが
タイにある日本大使館を通じて証明書を発行してもらいます。

ふと警察関連で
“タイの警察署”にお世話になったことを思い出ししまいました。

14年前、タイに来て間もない頃
県外に住んでいた私はバンコクの友人を訪ねて来ました。

タイ語もよく判らず、
友人から聞いた番号のバスに乗り
(タイのバスは番号が書いてあります)
そのまま目的地に着くはずが
違ったバスに乗ってしまったようで
全然知らないところで下ろされました。

未知の土地、言葉が分からない…

約束の時間は迫っている。

当時、携帯電話はとても高価なもので
私も友人も持っておらず
連絡のしようがない!

焦っているところで
東南アジア特有のスコール…。

土砂降りに遭いながらも
何とか目的地に行く為にバスに乗りなおそうと
たどたどしいタイ語でいろいろな人に訪ねるも
理解できず…

と言う時に、一人の警察官に日本語で話しかけられました。

「どうしましたか?」

事情を説明すると
私がずぶ濡れになっているのを見て
まずは警察署へ行きましょうと言う話になり
ついて行きました。
(当時はどこにいるか判りませんでしたが、
 ヤワラート近郊で迷子になったようです)

タオルを貸していただき
果物と甘ったるいお茶をご馳走になったところで

「ところでこれからどこへ行くのですか?」

と聞かれ

「ワールドトレードセンターです」

と答えると、

「すぐ近くですから一緒に行きましょう」

とパトカーに乗せられ、目的地まで送ってもらったのです。

車中で

「政府の交換留学制度を利用して警察大学校へ留学した事」

「タイに戻ってきたのは4ヶ月前」

「将来は警察学校の教官になる事」

という話を聞き、

あっという間に目的地に着き、
そのままお別れとなってしまいました。

今思うと、
普通の状態で警察官にパトカーで送ってもらう…
日本では滅多にないと思います。

あのときは、友達を待たせていると言う切羽詰った状況もあり
お礼も満足に言えなかったです。

私よりちょっと年上のあの警察官は
今どこで何をしているのでしょうか?

それにしてもタイの人って優しいですね…。

タイトルとURLをコピーしました