永住権(Permanent Residenceの申請

永住権を申請することになりました。

 

毎年12月上旬に申請をしますが、
今年は洪水の影響があり

12月26日~29日になりました。

 

申請は年1回だけで、

当然ながら一発勝負なので
申請した時に

 

「書類が不備です」

 

と言われると悪いので

 

本日、タイ外務省へ行き

書類に不備がないか確認してもらいました。

 

私が揃えた書類は問題なく

後は申請するだけになりました。

 

ただ、ここはタイ…。

 

申請料の他に

 

“ワイロ”

 

を要求されました。

その金額は3万バーツ。

9万円ほどですが、

タイの上級公務員の月給くらいです。

 

そのワイロを払うと、

永住権が取れるんですか?

 

と聞いたところ

 

申請の際に

書類のチェックほとんどなくなります。
インタビューの順番が

優先的に早くなります。

 

との事。

迷うところです…。

 

 

と言うのも、

2007年以降、永住権の許可は下りていないのです。
(政権が不安定だから、という説)

正直、放っておいても良いかな~

 

と言う気もするし

 

払って気分良く、

早く受領しようかな…とも思うし。

 

担当官に直接渡すものなので
名前を控えておいて、

万が一あったら強く言ってやろう…

 

とか考えてます…。

 

今回は配偶者申請で申請します。

 

実は配偶者申請のほうが安いのです。

 

ビジネス・パーソンとして申請すると
20万バーツ近くかかりますが
配偶者申請は10万バーツほどです。

 

永住権を取得したからといって
選挙権が取れるわけでもなく、

土地が買える訳ではないですが
何かあった時の為に

持っていても良いだろうと言う事になりました。

 

 

問題なく申請できると良いな~。

 

受領は…

 

忘れた頃になりそうです。

【12月26日(月) 記載】

朝早くからイミグレーションに行ってきました。

 

中国人とインド人が多く申請しており
本年度の日本人申請者は

私が1人目との事。

毎年100名の枠があり、

 

国籍ごとの枠が決まっているとのことですが
日本人は申請数が少ないので
比較的永住権が取得しやすいとの事でした。

 

「ワイロ」ですが、

 

一応準備していきましたが
ちょうど申請している時に

 

偉い人がチェックに来ていて
ワイロのワの字も出ませんでした。

最後に指紋を採取するのですが

 

前にいた中国人男性が

4回やってもうまく出来ず
先に私が採ることになり
一発で終わりました。

「指紋が良く見える!」

 

と褒められました(?)

 

コツは、

指に力を入れないこと です。

 

これは犯罪証明書をもらう時に

 

日本大使館で同様に

指紋を採取したのですが
その時に

大使館の方が教えてくれました。

 

インタビューは

 

2012年3月以降になるとの事でした。

その時は夫と一緒に

出向かないといけないようです。

 

~~~~~~~~

ブログランキングに参加しております。

ポチッと押していただけると やる気が出ます。

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
にほんブログ村

 

 

タイトルとURLをコピーしました