健康診断書の翻訳を見て感じること

ある病院の健康診断書の翻訳をしています。

私は翻訳証明というものに署名をしているのですが、
翻訳文は、日本の海外医療費請求に使うようです。

その中でも、ある企業の健康診断書が…

「S状結腸癌」
「胃がん」
「肝臓ガン」

などなど、

ガンのオンパレードです。

検診を受けた方のほとんどが、何らかの病気持ちです。

「高血圧」
「糖尿病」
「人工透析」

が普通に見えてきます…

この健康診断書を見て思ったことは
企業のリスク管理として、健康は第一だということです.。

駐在員でガンや脳疾患で亡くなる人が多く
それだけ海外で仕事をするのはストレスが多いんでしょうか。。。

私も気をつけないと…ですね。

タイトルとURLをコピーしました