書類不備

今日、知的財産局商標事務所へ行ってきました。

ある商品の商標登録をしているのですが

「書類不備のため書類を受領できません」

と返却されてきました。

中身を見たところ
日本大使館からの書類があるのですが
驚いたことに
その書類に署名がありませんでした…。

書類の不備は私たちの不備ではなかったのです。

さっそく日本大使館に電話をしたところ

「あ、署名を忘れました~」

との事で、また大使館へ行く羽目になりました。

人間の作業とは言え、大使館でもこういうミスがあるのですね。

ミスと言えば、私が5年前まで使っていたパスポート。

いつも日本に入国する際に係官の様子がおかしく
別室に呼ばれること2回。

理由を聞いたところ係官より

「パスポートに表記されている生年月日と
コンピューターに登録されている生年月日が違うんです」

と。

どうも在タイ日本大使館でパスポートを作成した際に
入力事項を間違えていると指摘されました。

結局、残りのページが少なかったので新規に取り直しました。

いつも不審者扱いされ、なぜだかわかりませんでしたが
まさか生年月日が違っていたとは…です。

お役所も普通にミスをするんですね…。

タイトルとURLをコピーしました