出来る方法を考えよう!

私は出張がなければ会社で昼食をとることが多いです。
当社はスペースが狭いため、
必然的に小会議室でW女史と食べる機会が多くなりますが
W女史は翻訳会社の責任者であるため、
昼食時に仕事の話しになることが多いです。

事業部ごとに小会議やデイリーのミーティングがあるのですが
会議を取りまとめているW女史から

 「それは難しいです」
 「ちょっと無理です」
 「あとで考えましょう」

というような発言が出て、
それ以上会議が進まない事がある…と相談されました。

確かに現場からしてみれば、
やり遂げるのに時間が掛かったり、困難が伴うだろうな…
という内容もありますが
発想を転換して考えてみると、工夫次第で出来る内容がほとんどです。

言葉というは重要で
「出来ない」「難しい」「判らない」 というと
どうしても発想がマイナスの方向へ傾きがち…。
生産性のない会議になってしまいます。

W女史には
「プラスの言葉で問いかける工夫をしてみない?」と提案してみました。

“どうやったら出来ると思う”
“どんな風にやってみたい?”

などなど…。
発想をプラスにさせる言葉を使ってみては?という話になりました。

実際に会議でこういった言葉で問いかけると…。

「○○の方法でやってみると良いと思います」
「こういった点を変えてみると上手く行くのでは?」

といろいろな意見が出てきます。

意外な意見もあり、スタッフの発想のユニークさに気付いたり…
こちらが学ぶ事も多いです。

最近、言葉(言霊)を意識するなり
できればきれいな言葉を使って、
気持ちよく生活したいと思っているのですが
生活だけではなく、仕事にも役立つようです。

顔もキレイになるかな??

タイトルとURLをコピーしました