君に5%のマージンを払う!

先日、車の窓ガラスの交換代を払うのが嫌で
事故で割れたことにすれば良いと言った友人たちの話
をしましたが
今回も、保険にまつわる話です。

今回の大洪水で私の友人Pちゃんのお父様が経営する工場も被災しました。

工場は4箇所あり、そのうちの3工場が被災。
これから復旧活動を行うのですが…。

保険に加入していたようなのですが
保険会社の言い分としては

「水が引いたら建屋はそのまま使用できるし
機械はその場所に残るのできれいに洗って使えるでしょ」

と、要は保険金は支払われないと言うようなことを言ったそうです。

Pちゃんのお父様は
それでは困ると言うことでとった対策としては
保険の担当者に

「保険金額の5%を君に支払う!」

と。

保険金の額は聞きませんでしたが
おそらく数億バーツの保険です。

保険金額の5%を、その担当者にマージンとして支払うと言ったそうなのです。

お父様の考えとしては、

自分には保険金が下りる。
担当者には、年収以上のお金が手に入る。
よって双方にとってメリットがあるから良いだろう!

保険金が下りないということは
自分も困るし、担当者にもお金は入らない。
双方にとってデメリットだろう?

との事です。

この話を聞いていて思ったのは
中華系の商売人は、いつもこんなことばかり考えているのか? と。

私は思いつかないと言うか、甘いのかもしれません…。

それにしてもタイで保険業を営むのは大変…

タイトルとURLをコピーしました