タイの人と仕事をする難しさ

最近、タイの人と働く上で「難しいなぁ…」と思うことが多々あります。
何が難しいのかというと「さじ加減」です。

タイに来た当初は、公立学校の日本語教師で
しかも年齢も学校内で下のほう…というポジションだった事もあり
みんな友達or良きお姉さん・お兄さんに囲まれて生活をしていました。

ただ、一般企業で働く事になり
いきなりマネージャー職(管理職)で採用されたので
私の能力に問わず、部下を持つという生活に激変しました。

今は自分で会社をしていて
一緒に働く人も増え、働く人の年齢層も、出身も異なり、そして教育レベルも異なる…
というのが日常です。

社員に関しては、みんな良い家の出で、そこそこ教育も受けており
話していて違和感がないのですが
「さじ加減」が難しいのは、メイドさんや運転手さんなどです。

先日、社員よりこんな事を言われました。

「社長、運転手さんが言う事を聞きません。
行き先を告げても無視だし、自分の都合で運転します。
スピードは出すし、運転が危ないのです。
あと、言いにくいのですが、人としてマナーに欠けるところがあります。」

と。

この運転手さんは30代後半の男性で
普段は丁寧な、比較的安全運転な方です。
それはどうも、私の前だけで、社員の前では変貌するという事がわかりました。

言葉遣いは粗暴になり、危険運転、
自分の都合で運転し社員の指示は無視…なんだそうです。

この事を夫に話したところ

「それ、あなたが優しいからだよ。
優しい事=甘やかし となることが多くて
特に雇用関係がある人に接する時は厳しく接しないとすぐ“つけあがる”よ。
運転手も、あなたに気に入られていると思っているから
社員にそうやって接するんだよ。
下働きの社員と仲良くしてはダメ!」

と言われました。

要は、私の管理が甘いから、緊張感がなくなった…と言いたいようです。

タイはまだ貧富の差が激しく、
暮らしてみると完全な階層社会ということを感じます。

“一億総中流”の日本で育った私は、
この階層意識が理解出来ていないのだと思いました。

私の管理が甘いと、自分だけではなく、周りの人もダメにしてしまうようです。

「さじ加減」…まだちょっと難しいです。

タイトルとURLをコピーしました