自分のこと→なぜタイに来たのか?

ちょっと今日は私の事について書こうと思います。
仕事柄たくさんの企業に訪問する機会があります。
その時に必ず聞かれるのが
「どうしてタイに来たんですか?」
「なぜ自分で会社を興したのですか?」
と良く聞かれます。

当初はタイには全く来るつもりはありませんでした
はっきり言って興味がなかったし
タイがどんな国で、何語を話していて、どんな宗教なのか?
などの予備知識が一切ないままタイに来ました。
私は日本語教師をしていたのですが
タイに来る予定は全くなく
突然、タイ行きが決まった経緯があります。

日本語教師は一年だけしていました。
サムトプラカン県バンプーにある
外国人が全くいない、外国人を見るのが初めて!という学校に赴任になり
タイ語が出来ないと食事も出来ない…という環境にいました。
洗濯機もない、シャワーもない、というところで
現代の日本では味わえないような生活をしました。
たるで洗濯をし、サロンという布をまとい
溜め水で水浴びを朝晩する…という生活でした。

学校での生活が一年過ぎ、雇用期限が切れた後
3ヶ月くらいブラブラしていました。
当時はビザが厳しくなかった事もあり
ワーキングパーミットが切れても
入国管理局の人が「タイで旅行して行ったら?」
と聞かれるくらいゆる~いものでした。

私はこの間に、タイ国中をバスや電車で旅行し
時には間違って電車に乗り、目的地と違う県に行ったりと
かなりの珍道中でしたが
今となっては「絶対に出来ない時間の使い方だな…」と思う事があります。

時間を持て余している時に
友人が人材紹介会社で働いているという話しを聞き
訪ねて見ることにしました。
友人と昼食を食べる約束をし、その会社の受付で待っていると…
日本人男性に手招きをされました
まさかこの人との出逢いが
私の人生を変えることになるものとは
その時は思っても見ませんでした。

つづきはまた明日!

タイトルとURLをコピーしました