側近に恵まれて

ここ数日、会社内の実務に没頭しています。

バイオリズムがアンダーに入ったこともあり、
今までのように、軽やかな動きは出来ませんが、
鈍い動きの中でも、少しずつ、少しずつ進んでいます。

私はよく、S専務と話をします。
彼女はタイ語のプロで、言葉だけではなく、タイの文化にも精通しています。
しかも先日、タイのチュラロンコン大学の法学部を卒業したばかりです。

私の考えをタイの人にわかりやすく説明してくれたり、
多方面でアドバイスをくれる貴重な存在です。

今、タイ人TOPのC部長が、壁にぶつかっています。
C部長は、几帳面、完璧、仕事も出来る!
と当社の誰もが尊敬する管理職なのですが
完璧すぎる性格が幸いして、仕事を全部請けてしまいます。
それで、疲れ果ててしまったようなのです。。。

S専務に、この事を相談しました。
私もある程度の考えは持っているのですが
常に、第3者の意見を聞くようにしています。
その中でも、特にS専務の考えを重要視しています。

S専務は、
「ちょっと今は様子を見ましょう。
折を見て、私の方から彼女にフォローを入れます」
と言ってくれました。

当社では、こういったことが良く起こります。
S専務が絶妙なタイミングで、私のフォローをしてくれます。
最近では、同じ考え、意見を持っている事もあり
以前よりも意思疎通がとりやすくなりました。

会社を経営していく中で、側近は本当に重要だと実感しています。
自分1人では何も出来ません。。。

タイトルとURLをコピーしました