勤続10年の社員に金を贈りました

勤続10年を迎えた社員に“金”を贈りました。
    ↓
1709201201.jpg
(ネックレスやブレスレットのタイプが多いです。
 金そのものの料金+デザイン料などが加算されます。)

タイでは金を資産として持つケースが多く
結納金や出産祝いなどでもらうことが多いです。

タイ地場系の会社では、社員への贈り物として金を贈る習慣があるようで
私も勤続10年を迎えた社員に金の腕輪を贈りました。

タイの貨幣単位は「バーツ」「サタン」ですが、
金の重さの単位にも使われます。

1バーツ=15.2グラム で、
購入の際は「50サタン」「1バーツ」と購入します。
純度は、96.5%が一般的です。

10年前は1バーツ(15.2グラム)7,000バーツほどだった金も
現在では27,500バーツ前後。
この10年で3倍以上になってしまいました。

タイでは転職=ステップアップと考えられることから人材の転職が多く、
大手の企業ならさておき
当社のように比較的社歴の浅い企業で10年も勤務しているのは珍しいことです。

この10年のことが思い浮かび
勤続10年を迎えた社員に感謝しつつ
もっと頑張ろう!という気持ちになりました。

タイトルとURLをコピーしました