残り物には福がある

昨晩、自宅で夕食を食べました。

会社を普段通りに出たのですが、全く渋滞がなく10分ほどで到着。
(普段は40分以上は掛かる)

夕食を作ろう!
と思い立ち、冷蔵庫にある“残り野菜”で2品だけ作りました。

18012010029.jpg

「焼きうどん」と「キムチのスープ」です。

焼きうどんの具は、椎茸と白菜で
お歳暮でイタリア人のお隣さんから貰った“トリュフ・ソース”で仕上げました。
味付けは醤油がベースです。
最後にかつお節を上に掛け、終了。

キムチのスープも、
酸味がきつくなってきたキムチを使いました。

とうもろこし、カニの剥き身、糸こんにゃく、豚肉、わかめ、大根…
冷蔵庫に残っているものを入れました。

キムチから味が出てでした。

先日は“がんも”を作りました。

10012010023.jpg

木綿豆腐を30分ほど水抜きし、
みじん切りにしたニンジン、椎茸、ねぎ、卵を入れてコネコネ…
手で丸めて油で揚げました。
(高温の方が表面がカラッと揚ります)

揚げたては、だし醤油で食べて
2日後に“揚げだし”にして食べました。

料理は想像力を書き立てられます。
脳トレかもしれません。

今度はいつ台所に立つのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました