賄賂社会?

久しぶりに「賄賂」の要求をされました(笑)

ここ最近賄賂を請求されることとは
無縁の生活を送っていたせいもあり
ちょっと驚いたのですが
やっぱりタイ人…お小遣い稼ぎに余念がありません。

あるタイのローカル雑誌に
メンタルセラピーの記事を書いてもらう事になりました。
記事ですので広告とみなされ「広告料」が掛かる場合があります。
中には、記事として「取材をしてもらう」事もあり
取材の場合は、無料です。

当社はタイの人向けにも
分析サービスを展開しているのですが
今日になって突然、雑誌社の担当者から

「御社の事を記事として書くと、広告となってしまう可能性がある。
広告だと2万バーツ掛かるけど
僕が上司に上手く言って広告料が掛からないようにするよ。
その代わりに、5,000バーツ…いいよね?」

とマージンの要求。

これは私にではなくてPR担当の社員への申し出…。
もちろん、断らせました。

PR担当には、雑誌社の担当者に
こう伝えるように言いなさい! と伝えました。

「広告料2万バーツを支払ってもいいので
見積もりを出してください!」

案の定、見積もりは届きませんでした。
記事は「取材」ですので、無料で掲載されます。

タイ人と仕事をすると
こういった賄賂と言うかマージンを要求される事がありますが
私は個人的には嫌いです。

タイトルとURLをコピーしました