会議で紛糾する

会社の恥なので、あまり書きたくないのですが

「こういうことがあります」という具体例として

あえて書きました。
 

これは、土曜日に当社で起きたことです。
 

 

当社は、毎月「経営戦略会議」というものを

第1土曜日に行っています。
 

 

毎年、「経営戦略」を全社員で作成し

それを元に1年間仕事をしています。
 

第3者的な視点と中立、公平性を保つため

年1回行われる、経営戦略会議は

「経営戦略会議は費用が掛かるため、

それに費用を掛けるくらいなら

 

社員のボーナスを増やして欲しい」
 

 

「話し合いが必要であるならば、

 

今日やっている会議のような形式で

 

 

みんなで話し合ったほうが良いのでは?

 

費用を払って第3者を入れる必要はない」
 

 

 

「私たちは頑張っている。

 

 

頑張った分だけ還元(ボーナス)が欲しい。

 

それがないと社員が全員辞めてしまう」

 

私からは、以下のように伝えました。
 

 

「会社の創業から15年間、

 

 

今まで何度も社内だけで話し合い、

 
目標を設定してきたが
 
感情論になるため、
 
上手く行ったことがない。
 

第3者を入れることで、冷静に話し合いをしたい」

 

「2014年度の経営戦略を作成したので、

 

 

まずはその結果を、全員で共有したい。

 
達成した項目は、達成の原因を明確にし
 
達成できなかった項目も同様に、
 
原因をフィードバックとして明確にしたい。
 

まずは、最低でも3回(2014、15、16年度)は

 

経営戦略会議をやりたい」

 

 

「経営戦略会議は“費用”ではなく“投資”である。

会社の5年後、10年後を見た場合に、

 

今出来る最善策である」

 

「今までも、還元している。

 

 

2015年からは土曜日休みにしたり、

 
業務に応じてコミッションを導入し還元している。
 
土曜日休みになったことで、
 
結果論として皆さんの給料は上がっている。
 

私なりに出来る範囲で、

 

皆さんの要望には応えている」

 

「自分たちが設定した目標を達成したら、

当然としてボーナスとして還元する。

 

またしてきた」
 

 

プラス…

私からはこんな質問をしました。
 

 

「達成しなかった場合は、

 

 

社員のみなさんは私に何かしてくれるんですか?

 
私は、みなさんが達成しなくても、
 
給料は払いますし、
 
会社が赤字でも、現金がなくても
 
借金してまで私は払いました。
 
雇用も維持しました。
 
達成できなかったら、減給ですか?
 
土曜日の休みをカットしますか?
 

福利厚生、コミッションのカットですか?」
 

 

 

もちろん、無言ですね。

 

都合が悪いことは反応しないですね。
 

そして
 

「皆さんが言う、“がんばっている”は明確ではありません。

 

 

“がんばる”の基準は、人それぞれ違います。

 
私は、出てきた結果(数字)で判断します。
 
結果が出ないのであれば、
 
“がんばる方法=やり方”が間違っているのでは?
 
間違いを修正しなければ、
 

 

 

その頑張りは無駄になってしまいます。

今出ている“問題点”や“課題”は
 

間違った方法を見つけたとう“フィードバック”です」
 

 

いかに経営者である

 

私の考えに近い社員を育てるかが重要ですし

また、私自身、

 

意図を伝える努力をしないといけないと

 

痛感した出来事でした。

 

経営する以上、

数多くの

 

客観的な視点を持つ社員を

 

育てるのが重要だと

反省した1日でした。

 

タイトルとURLをコピーしました