言葉の使い方で明暗が分かれる

以前、「言葉は現実化する」“>「言葉は現実化する」という記事を書きました。

その中で“言ったことはは現実化する”と書きました。

ちょっと今日は、そのことと関連したお話です。

みなさんもよくメールを使いますね。

誤字脱字がないか、内容はどうか、などなど
確認していると思います。

その際に、受け取った人がどう反応するか?
どう考えるか?(どう思考が働くか?)
を考えてメールを書いていますか?

例えば、ビジネス上のメールで
当方がメールを送って、相手方から返答がないときに
催促メールに下記のような文章を書いたとします。

先日、○○の案件についてご連絡いたしましたが
ご検討の結果、いかがでしょうか。
当方に何か問題でもあったでしょうか

この文章を見て
「何がいけないの?」
と思った方、危険ですよ~。

受け取った相手方は、このメールを見て
返信をしない原因に、

何か問題ってあったかな?

と考えます。

問題
問題
問題…と問題を探し出します。

そうなるとどうでしょう?

良い結果は生まれるでしょうか?

では、どのような文章だったら
良い結果になるでしょうか?

答えは…

fc8bc498029a8eaaabdcdf7a1c4d5736_s.jpg

教えませ~ん。

この文章を読んだ方は、
自分で自分の心(厳密には“脳”)に問いかけをしている状態なので
あえて、私からは教えませんよ。

言葉は、伝え方によって、得る結果が大きく変わります。

私も完璧ではないので、実践中の1人です。

タイトルとURLをコピーしました