制服を廃止しました

5月1日より“制服”を廃止しました。

会社を設立した際に、タイ人社員より

「制服があったほうが良いです。
 私服だと服飾費が掛かりますし、
 毎日、何を着るか考えないといけないので…」

と言われて、制服を支給していたのですが
今後のビジネスの方向性を考え、
制服を着る意味がない事から“私服”に替えました。 

今まで、グレーの俗に言うリクルートスーツだったのですが
私服にした瞬間…
日本では考えられないような色彩の服を着てくるのでびっくり!

まず、黒・白・グレー・茶 は着ません。

原色の紫、ピンク、黄色、赤、青、オレンジ などなど
目がチカチカする色が多いです。

国民性なのか気候によるものなのか
明るくハッキリした色彩を好むようです。

女性だけの会社なので、毎日がファッションショー…。
服だけではなく、靴もいろいろな形のものを履いてきます。

今まで化粧もしなかったのに
心なしか気合の入ったメイク…。

どういう心境の変化なのでしょうか?

毎朝、
 「○○さんの服、素敵~!」
 「あそこの市場で200バーツで買ったのよ~!!!」
 「え~!安~い!」
  
と言う会話で盛り上がっています。

何か、楽しそうです。

タイトルとURLをコピーしました