移転に伴う解雇保証金について(タイ国労働者保護法)

先日、お取引先から
“会社移転に伴う解雇保証金” について問い合わせがありました。

会社が移転する場合、既存の社員が何らからの事情で
新たな勤務先での勤務が不可能な場合、
会社側が労働者に解雇保証金を支払う必要があります。

それは労働者保護法に記載があり理解していたのですが
お取引先の質問は

“解雇補償金の内容についても事前に告知の必要があるか?”

という内容でした。

念のため確認のため労働局に電話したところ
下記のような回答でした。
   ↓

通知の必要はあります。
しかし、日数の規定(30日以上前など)は特にありません。

手順としては、30日以上前に移転の旨を告知した後、
会社は従業員が継続勤務を希望するか退職するかを
書面(署名)にて確認し、
意志が確認できた時点で退職希望者に対し
解雇補償金の額等について通知する。

との事です。

ということは、
金額については退職が確定した時点で
通知しなければいけないこととなりますね。

通常タイは、自己都合による退職に対しては
退職金はありません。
(退職金積立制度がある会社であれば、あります)

お取引先は、
会社から相当額をもらえると知ったら
全員辞めてしまうのでは????
と心配されていました。

正直、この件に関しては私自身もわかりません…。

移転先での、待遇、給与、職務内容などが魅力的だと良いのですが…。

タイトルとURLをコピーしました