名前の表記が違うと別人になる

突然ですが、
私の名前は、まえだ ちふみ です。

先日、ある書類をお役所に提出したところ

名前が違うんですけど…

と言われました。

書類を見てみると…

今までの書類の表記は、苗字が

 มา  เอ  ดะ
(MA E DA)

となっていて

一つ一つの音にタイ語を当てはめていたのですが、

7月に永住権を取得し、
永住権と外国人登録票の表記が

 มา    ด้า
(MA Y DA)
になっているため

正式な名前である

 มา     ด้า
(MA Y DA)

で表記してください

という指摘でした。

労働許可証の表記を見てみると…

มา  เอ  ดะ
(MA E DA)

{A2D6098B-3A2F-4479-8153-CAA0B96F6C1B:01}

になっているので

これも

มา  ย  ด้า
(MA Y DA)

{6BCE00AB-0A3D-4D02-BC66-AF494CA1570A:01}

に変更しました。

言語の体系が根本的に違う
日本とタイ…

国際結婚のカップルでも
婚姻証明書のタイ語の表記が違うとか

普通にあるようです…

表記が違うと、
全くの別人として認識されます。

そもそも、なんで表記がこうなったかと言いますと…

私は永住権保持者(夫)の配偶者として
永住権を取得したのですが
夫の外国人登録票の表記が

มา    ด้า
(MA Y DA)

だからなんです…

タイ風に発音しますと

マイ ダ~アップ

と語尾上がりに発音します。

ちなみに英語の表記は

そのまま、
MA E DA です。

【永住権の取得の記事はコチラです】

永住権が取れました

永住権が取れました~その後

永住権の受領 ~入国管理局で95,702THBを払う~

永住権が手元に来ました

外国人登録のため最寄の警察署へ

ヤンナワー区役所へ ~ タビヤンバーンへの登録

ビザの書き換え~Non-Quota Immigrant Visaへ

タイトルとURLをコピーしました