母国語のセンスを磨こう

母国語のセンスを磨こう

月1回の定例会議で社員に話したことです。

当社は翻訳会社なので

タイ人社員は英語か日本語、
日本人社員は英語かタイ語、

ができます。

今後、翻訳者として能力を向上させる際に
重要なこととして

いくら外国語(英語、日本語、タイ語)が出来ても

母国語で知らないことは
外国語では入っていかない

と話しました。

また、その母国語は
ただ話せます、書けます…ではなく
TPOに応じて正しい使い方であること、
適切であること
が求められます。

{39221DDC-3CA7-432C-B667-C5D20E1B56E9:01}

私が社会人学生として
日本の大学で法律を学んだのも
「母国語で法律を学びたい」
というのがあったからです…

基礎=母国語での知識
のないところには、
外国語では入って行きません…

むか~し、ある会合で会った人から
こんなことを言われました。

せいぜい頑張ってください

目
私の頭は、もぅ~~~混乱しました。

え??? 嫌味で言ってんの?

「頑張ってください」と言いたかった??

わざと言っている??????

真意はわかりませんが、
もしかしたら、

母国語での使い方の記憶が違っているのかもしれません…

母国語のセンスを磨くには…

文字に触れることしかありません。

色々なジャンルの本を読み、
その言葉の意図を感じる…

それしかないのではないでしょうか?

こんなことを会議で社員に話しました。

タイトルとURLをコピーしました