共同経営者から会社の乗っ取りに遭う ~その2

今日のタイトルは

 

 

共同経営者から会社の乗っ取りに遭う ~その2

 

 

その1は→★へ

 

~~~~~~~~~~~~~

 

レンタカーを契約するため

最新の登記書類を取り寄せた

A社長…

 

 

そこには

株主である自分と

奥様の名前があるはずが

なくなっている…

 

~~~~~~~~~~~~

 

 

商務省へ確認に行こうとしたところ…

 

 

K銀行より

会社の経理担当のPちゃんに電話が…

 

 

K銀行の○○です。

 

今窓口にSと名乗る日本人男性が来ています。

 

会社の預金全額…

2,000万バーツを現金で引き出したいと…

 

今まで日本人の人は一度も来た事がないし

いつもPさんが来ているので…

 

ちょっとおかしいと思いまして…

 

 

~~~~~~~~~~

 

この時会社では

あるプロジェクトの代金が支払われたばかりで

銀行に潤沢なキャッシュがありました。

 

 

A社長の会社では

金銭に関わることは全て

A社長、S氏の連名でサインをすることになっていました。

 

 

A社長、S氏の双方のサインがないと

お金を引き出すことも出来ません…

 

 

 

ただ…

窓口にS氏が1人でやってきて…

 

 

 

(Pちゃん)

実は、株主名簿に今まであった

A社長と、奥様の名前がなくなっているんです。

知らない人の名前に代わっていて…

 

 

(K銀行)

そういうことであれば

口座を一時凍結します。

早めに商務省に行って、確認を取ってください。

 

 

 

A社長、経理担当Pちゃんは

事実関係を確認するために

商務省へ向かいます。

 

 

そこで驚愕の事実を知るのです…

 

 

 

 

ブログランキングに参加しております。

 

ポチッと押していただけると やる気が出ます。

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
にほんブログ村

 

 

 

{5EE298B3-5EFF-4C51-8F46-9134CE8F810D}

 ↑

先日友人の結婚式で訪れた

日本大使公邸の入り口です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました