●準備はしすぎて、し過ぎることはない

 

 

みなさん、こんにちは。

 

 

前田千文です。

 

 

月日が経過するのは早いもので

 

もう7月になりました。

 

 

明日はタイ労働法講義の

 

前期最後の講義となります。

 

 

 

~~~~~

【私のモットー】

 

企業活動を通じて

人々の意識進化に貢献する

~~~~~~

 

 

今日のタイトルは

 

準備はしすぎて、し過ぎることはない

 

です。

 

 

 

2015年から

 

労働法を教えるようになってから

 

 

もう充分でしょ・・・

 

 

というくらい

 

準備をするようになりました。

 

 

 

資料の準備に

 

最低20日間。

 

 

事例と判例の作成、

 

判り易いように構成。

 

 

受講者の立場になって

 

資料がどう見えるか考える。

 

 

そして、資料の音読・・・

 

 

私はもともと、

 

人前で話すのが苦手です。

 

得意でもないと思います。

 

 

ただ、立場上、

 

人前に出ることが多いです。

 

 

資料の準備、

 

実際の講義を想定しての練習、

 

準備期間を経て

 

実際の講義となります。

 

 

何十時間も準備をし

 

用意をし

 

自分の体調や精神を整えて

 

 

ハイ、120%OKです!

 

 

くらいに準備をしても

 

 

当日の出来は

 

70%も行けば

 

合格ラインではないかと思います。

 

 

 

私は常々、

 

日ごろから出来ていない事、

 

日ごろから意識していない事

 

 

 

 

いざ、出番です、使います、

 

 

という状況になっても

 

 

出来ないことが多い…

 

 

そう思っています。

 

 

 

運動習慣のない人に

 

 

いきなり走ってください、

 

 

と言って

 

走れないのと同じです。

 

 

 

ですので、

 

当日起こりえることを想定して

 

その日から

 

「現時点」を逆算して

 

準備をします。

 

 

し過ぎるくらいで

 

当日はちょうど良いです。

 

 

準備をした分だけ

 

全てを発揮できれば

 

それは、それで良いことだと思います。

 

 

私の場合は、

 

それが出来ないので

 

準備をし過ぎるくらいで

 

ちょうど良いと考えています。

 

 

 

何かのご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

~~~~

読んでいただきありがとうございました。

応援宜しくお願い致します。

 


にほんブログ村

~~~~

 

 

 

 

 

 

~~~~~~
NGOミニマムの活動を支援しております。
タイにおける難民支援活動

~~~~~~

 

タイトルとURLをコピーしました