●意図、メリット、PDCAサイクル、フィードバック、そして習慣化

みなさん、こんにちは。

 

前田千文です。

 

 

 

昨日まで3連休でした。

 

 

 

 

修士論文を執筆するにあたり

 

自分の仕事を細かく紐解いでいく…

 

という機会に恵まれております。

 

 

 

 

~~~~~

【私のモットー】

 

企業活動を通じて

人々の意識進化に貢献する

~~~~~~

 

 

 

私の修士論文は

 

 

タイの日系企業における労務施策とその影響

 

 

というタイトルです。

 

(おそらく、、、変更になる可能性も)あせる

 

 

 

 

論文の中で仮説、

 

 

AをするとBになる・・・

 

 

みたいなものを作成します。

 
 
 
 
そこで、
 
私の論文には
 
 
「教育」
 
 
という言葉が出てきます。

 

 

 

 

 

自社の経営戦略会議

 

他社の事例を

 

読み解いていくと

 

 

「教育」

 

 

について

 

次のような

 

段階を踏んでいると感じます。

 

 

 

 

 

 

①意図を明確に。

 

「なぜ、それを行うのか?」

 

 

 

②メリットは何か?

 

「やった結果、何を得られるのか?」

 

 

 

③PDCAサイクルを実行。

 

 

④やった結果のフィードバック

 

 

 

 

会社でも個人でも

 

目標や達成しなければいけない事、

 

計画などがあります。

 

多くの会社で

 

 

①意図、②メリット

 

 

の説明や

 

理解が抜けているため

 

 

 

ただ、やっている・・・

 

 

やらされている・・・ 

 

 

結果、身につかない・・・

 

 

 

そういった話を多く聞きます。

 

 

また、④フィードバック

 

 

をしていないケースも多く

 

 

達成

 

 

または

 

 

達成しなかった結果の

 

 

原因を分析していないので

 

 

何が良かったのか・・・

 

 

はたまた悪かったのか・・・

 

 

 

それが判らないから

 

身につかない・・・

 

 

そういった話も聞きます。

 

 

 

ひたすら繰り返し、

 

修正しつつ

 

再度やり続ける・・・

 

 

 

スパイラルで成長するイメージです。

 

 

 

①~④のどれが抜けても

 

自分の経験から

 

習慣化されない気がします。

 

 

 

・・・という事で、

 

今週もはじまりました。

 

今日は、幹部社員と

 

4か月の振り返りをします。

 

(④フィードバックの実行)

 

 

 

 

~~~~

読んでいただきありがとうございました。

応援宜しくお願い致します。

 


にほんブログ村

~~~~

 

 

image

 

 

 

~~~~~~
NGOミニマムの活動を支援しております。
タイにおける難民支援活動

~~~~~~

 

タイトルとURLをコピーしました