●エッセイ:字を書く事で未来を現実化する

みなさん、こんにちは。

前田千文です。

 

最近PM2.5が

ますますひどくなっている気がします。

 

今年最初のエッセイを配信致しました。

 

~~~~~

【私のモットー】

企業活動を通じて人々の意識進化に貢献する

~~~~~~

 

突然ですが、みなさんに質問です。

 

 

最近、自分の手で

字を書いていますか?

 

 

仕事ではパソコンを使いますし、

普段の生活では

携帯電話を持っていますから、

自分で字を書くことは

以前に比べ減っていると感じます。

 

 

仕事上では、メールや報告書、

人によっては仕事のアイデアなど、

全てパソコンでやっています、

という人が多いかと思います。

 

 

また、プライベートでも、

ちょっと簡単なメモは

携帯電話のメモ機能を使っている

という人も多いかもしれません。

 

私も上記のような人の一人です。

 

 

ただ、パソコンや携帯で

「文字をタイプすること」と、

「自分の手で書く事」は

明らかに違うと感じます。

 

 

最終的に文字として

現れてくる点では同じなのですが、

「使う体の機能」

に差があると感じます。

 

 

自分で書くほうが、

使う体の機能が多いと感じます。

 

例えば、

 

考えるという点では

同じかもしれませんが、

「自分で書く」

という行為を通じて、

五感をフルに使っていると感じます。

 

 

使う体の機能が多いだけ、

記憶にも残りますし、

潜在意識に刷り込まれていくような

感覚を覚えます。

 

例えば、語学を学ぶ際に

書いて覚えなかったでしょうか?

 

私は日本人なので

タイ語を覚える際には、

文字を書いて覚えましたよ…。

 

 

私は毎年12月になると、

次の年の年末に

どんな気持ちで過ごしたか、

どんなことをやってきたかを

“過去形”

で書いています。

 

 

まだ起きていない、

これから体験すると思われる未来を

1年前に書いています。

 

 

当然ながら、

2018年12月に、

今年2019年12月31日の事を書きましたし、

2019年12月に

2020年12月31日の事を書きました。

 

 

あとで見返してみると

叶わなかったこともありますが、

90%は叶っていました。

 

 

未来の事(1年先の事)を書くのですが、

書いている時点で

未来から現在を見て書いているので、

それは既に

「予定」

になってしまったのだと思います。

 

 

不思議なことに

パソコンにタイプではだめで、

自分の手で書くのがポイントです。

 

 

みなさんも改めて

「文字を自分の手で書く」ことを

やってみてはどうでしょうか?

 

 

それでご自身に現れる変化を

自分の目で

確かめてみてはいかがでしょうか?

 

何かのご参考になれば幸いです。

 

~~~~~~~~

エッセイは日本語とタイ語で配信しております。
~~~~~~~~

image

2018年の年末に書いた2019年年末の感想です。

 

~~~~

読んでいただきありがとうございました。

応援宜しくお願い致します。


にほんブログ村

~~~~

~~~~~~
NGOミニマムの活動を支援しております。
タイにおける難民支援活動

~~~~~~

 

タイトルとURLをコピーしました