仕事が出来ない人は“出来ない理由”を考える

私の会社では、いろいろなプロジェクトが進行しているのですが
それに対し

「それは出来ない」

と出来ない理由を永遠に話し、前に進まない事があります。

考えが保守的というか、革新的じゃないというか
自分の尺度で見て、ちょっと無理だな…と思うことに対しては
何も始まっていない段階から出来ない理由を述べます。

仕事が出来る人は
 「方法を考え工夫し、行動する」

仕事が出来ない人は
 「出来ない理由、言い訳だけを言う」

私の会社では、方法を考え工夫し行動する人、挑戦する人だけが必要です。
出来ない理由だけを言う人はいりません。

経営者である私の考えに対して、反対するのであれば
転職すればよいのです。

社員も会社を選ぶ権利はありますが
私も選ぶ権利があります。

社員に経営を合わせることなど出来ません。
そんなことをしたら会社が倒産します。

判りやすく何度も説明し、具体的に例を示し、
達成した時に得る結果を明確にしても
「出来ない、出来ない」
ばかり言う社員は、
社員としてのセンスがないのです。

そういう方は、いるだけ無駄なので、さっさと去って欲しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2001年2月、25歳の時にTJ Prannaraiをタイで操業しました。翻訳、通訳派遣、法律本の出版を行う会社を経営しております。会社経営と同時に2015年より泰日経済技術振興協会でタイ労働法の講師を務めております。2020年3月、日本大学大学院を修了しました。修士論文のテーマは「タイの日系企業における労務施策とその影響」です。

コメント

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

目次