法律と勅令の違いとは?(タイ国法律情報 Vol. 80)

目次

タイ国法律情報 Vol. 80:法律と勅令の違いとは?

今号のトピックは法律と勅令の違いとは?についてお送り致しております。

先日、日本語の新聞を読んでいたところ“外国人就業管理法が発布”という記事を読みました。

これは“外国人就労法” と “外国人雇用法”が廃止され、新たに制定されたものです。

厳密にタイ語を解釈すると“外国人就労管理緊急勅令”でした。

今号では、私たち日本人にはあまり馴染みの無い

「法律」と「勅令」の違いを取上げることと致しました。

タイ国法律情報について

タイ国法律情報は、2011年1月より毎月第3木曜日に会員様に配信しております。

会員の詳細は当社のホームページをご高覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2001年2月、25歳の時にTJ Prannaraiをタイで操業しました。翻訳、通訳派遣、法律本の出版を行う会社を経営しております。会社経営と同時に2015年より泰日経済技術振興協会でタイ労働法の講師を務めております。2020年3月、日本大学大学院を修了しました。修士論文のテーマは「タイの日系企業における労務施策とその影響」です。

コメント

コメントする

目次