●経営戦略2019年度~企業は人なり

みなさん、こんにちは。

前田千文です。

 

 

新たに月曜日を迎えましたね!

 

先週の金曜日、土曜日の

2日間に渡り

経営戦略会議が行われました。

 

 

2014年に初めて開催し

今回で6回目となります。

 

 

~~~~~

【私のモットー】

企業活動を通じて人々の意識進化に貢献する

~~~~~~

 

 

結論を先に書きますと

会社の未来が

明確に見えた

経営戦略会議となりました。

 

 

19年間経営してきて

今まで

こういう経験はありませんでした。

 

 

まざまざと

会社の将来が見え

それを体感し

身震いがしました・・・。

ゾーンに入った…

 

とでも言うのでしょうか・・・。

 

 

 

明確に

そうなる、

と確信しました。

 

 

 

経営戦略の冒頭・・・

 

社員の前で

初めて泣いてしました・・・

 

 

会社経営19年・・・

初めての事です・・・

込み上げてくる感情を

押さえることが

出来ませんでした・・・

 

 

勝手に涙が出てきます・・・

会議の冒頭に

一人ずつ

発表があったのですが

それを聞いていて

 

 

本当に・・・本当に・・・

ここまでやってきた・・・

ついて来てくれた・・・

諦めずにやって来て良かった・・・

そう感じました。

 

 

 

 

 

2001年の創業以来、

大変なことは

たくさんありました。

 

 

 

ただ・・・

何かを決断し

前に進む

と決めた時点で

後ろへ戻るという選択は

消えてなくなっているんです。

 

 

 

私は経営者なので

やって当たり前です。

 

ただし、

社員に関しては

こういったことは

当たり前ではないのが通常です。

 

 

諦めずに

よくついて来てくれた・・・

 

そんなことが思い出され

冒頭の涙となりました。

 

 

 

この経営戦略会議を始める際に

社員からは

大きな抵抗・・・

いや、拒否がありました。

 

 

会社経営の事なので

社長である私が決めて

トップダウンでやれば良いのです。

 

社員には

“やらされている感”がありました。

 

 

 

 

会社の売り上げ目標、

それに伴う行動目標・・・

そういったことを考えるのが

経営者だという空気でした。

 

 

 

私の中では、

“全員経営”

という考えがあり、

私一人でやるよりも

皆でやったほうが

絶対に良い!

という確信がありました。

 

 

 

タイ人は、独立精神が旺盛で

起業する人が多いです。

 

起業しても

途中で辞めたり

上手くいかなくなったり

することも多いです。

 

それは、

タイだけではなく

世界中、どこへ行っても同じです。

 

 

 

そう考えたときに、

当社に縁あって入社した子たちを

当社を辞めるときに、

起業家として

経営者として

すぐにでも

生きていけるようにしよう・・・

 

そんなことを考えていました。

 

 

 

育てた社員が辞めてしまう・・・

せっかく教育したのに・・・

 

と思われがちですが

タイ社会に貢献している、

役立っている、

 

と考えています。

 

 

社員たちの…

この、

楽しそうな、

豊かな表情を見て

 

 

働く楽しさ、

尊さ。

物事を達成する喜び、

その前にある困難・・・。

成長する喜び・・・。

それをみんなが自ら経験し、

私自身が

経験することが出来たのは

大きな喜びでした。

 

 

今回の会議の運営にあたり

山崎千夏先生、ポーンサック先生の

多大なサポートのお陰で

円滑に進むことが出来ました。

 

image

 

経営戦略会議で決めたことを

後は着実に実行するだけです。

 

2019年度も

社員と一丸となり

進んでいきます!

 

【過去の経営戦略会議の様子】

経営戦略会議って何をするんですか?

経営戦略会議(2018年度)

経営戦略会議(2017年度)

経営戦略会議(2016年度)

経営戦略会議(2015年度)

経営戦略会議(2014年度)

 

 

~~~~

読んでいただきありがとうございました。

応援宜しくお願い致します。

 


にほんブログ村

~~~~

 

 

~~~~~~
NGOミニマムの活動を支援しております。
タイにおける難民支援活動

~~~~~~

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2001年2月、25歳の時にTJ Prannaraiをタイで操業しました。翻訳、通訳派遣、法律本の出版を行う会社を経営しております。会社経営と同時に2015年より泰日経済技術振興協会でタイ労働法の講師を務めております。2020年3月、日本大学大学院を修了しました。修士論文のテーマは「タイの日系企業における労務施策とその影響」です。

コメント

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

目次