●就業規則とタイ労働法を学ぶ(泰日経済技術振興協会)

みなさん、こんにちは。

 

前田千文です。

 

 

 

昨日は

 

泰日経済技術振興協会で

 

労働法の勉強会でした。

 

 

 

 

12月まで月1回の講義が続きます。

 

 

 

 

~~~~~

【私のモットー】

 

企業活動を通じて

人々の意識進化に貢献する

~~~~~~

 

 

 

2019年度後期日程の1回目の講義は
 
就業規則を見直そう
  ~タイ労働法を学ぶ
 
 
でした。
 
 
 
 

 
 
 
多くの会社に存在する
 
就業規則・・・
 
 
当たり前といえば
 
当たり前のことなのですが
 
意外と知られていないのは
 
タイの労働関連法に沿って
 
作成されています。
 
 
 
 
それが意外にも、
 
 
就業規則の内容が判らない・・・
 
解釈の仕方が判らない・・・
 
 
 
 
というケースがあります。
 
 
 
就業規則は会社の中のルール、
 
要は“法律”なのです。
 
 
 
 
それが判らないと、
 
何か起きた時に
 
 
対処が出来ない、
 
判断が出来ない
 
 
という事が発生します。
 
 
 
 
本講座では、
 
法律という視点から
 
就業規則を見て行きます。
 
 
 
 
法律の専門家に
 
なるわけではないので
 
細かい条文の理解は不要ですが
 
会社経営上、
 
ある程度の法律の理解は必須です。
 
 
 
 
理解をした上で
 
実務で実際に使えることを目的に
 
講義を構成しています。
 
 
 
日本とタイの違い、
 
実務、法律、裁判判例の違い、
 
改正された労働法、
 
ケーススタディー・・・
 
 
このような内容で講義いたしました。
 
 
 
 
2回目は
 
11月21日(木)となります。
 
 
講義内容は
 
 
労使間の契約書
  ~労使トラブルを学ぶ
 
 
 
今回の内容を踏まえて
 
更に深い内容で構成していきます。
 
 
 
 
後期も始まりました。
 
気を引き締めて頑張ります。

 

 

 

~~~~

読んでいただきありがとうございました。

応援宜しくお願い致します。

 


にほんブログ村

~~~~

 

 

~~~~~~
NGOミニマムの活動を支援しております。
タイにおける難民支援活動

~~~~~~

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2001年2月、25歳の時にTJ Prannaraiをタイで操業しました。翻訳、通訳派遣、法律本の出版を行う会社を経営しております。会社経営と同時に2015年より泰日経済技術振興協会でタイ労働法の講師を務めております。2020年3月、日本大学大学院を修了しました。修士論文のテーマは「タイの日系企業における労務施策とその影響」です。

コメント

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

目次