再びSoneva Kiriへ

先日3泊4日でSoneva Kiri“>Soneva Kiriへ行ってきました。

昨年11月の滞在に続き、今回は2回目の滞在です。

もともとSix Senseグループのホテルが好きで
あちこちのホテルに滞在したのですが
ここのホテルが一番好きです。

ホテルのコンセプトが“No News, No Shoes”
ということで、TV、新聞はなく、裸足で過ごします。
日中は暑いのでサンダルなどを履きますが
基本、裸足で滞在中は過ごします。

私が気に入った理由ですが
「静かであること」「自然が身近にあること」
の二つが大きな理由です。

波の音を身近に感じ、
風が吹き抜け、
日の出と共に起き、夕日が沈むのを見て…

とてもゆったりした時間が流れます。

騒がしいバンコクにいると
静かであることがとても貴重であることに気づかされます。

滞在中はプールで泳いだり、テラスで読書したり、星を眺めたり…

“心のお洗濯”となりました。

近いうちに必ず行くぞ! と決めています。

Copy of DSCN0775
Soneva Kiriにはスワナプーム国際空港から
専用のセスナに乗って出掛けます。
約1時間20分のフライトです。

DSCN0802.jpg
プライベートビーチのためほとんど人はいません。
ランチはビーチで食べることが出来ます。
日曜日の夜はBBQをやっています。

DSCN0841.jpg
Villaは全部で29棟あります。
それぞれプールが付いています。
今回Beach Front Villaに滞在しました。
目の前には海が広がります。

DSCN0846.jpg
トランク型の洗面台です。
家具がとってもおしゃれなので、見ているだけでも楽しいです。

DSCN0864.jpg
今回お天気に恵まれ、毎日夕日を見ることが出来ました。

DSCN0923.jpg
空が真っ赤に染まりました。

DSCN0940.jpg
朝食のデニッシュです。
温かい料理は個別に注文します。

DSCN0956.jpg
チョコレート・バー です。
無料でいつでもチョコレートが食べ放題!
ちなみにアイスクリームもあります。

DSCN0795.jpg
お昼は前菜はサラダバーでメインは注文します。
お寿司などもあり、サラダバーだけで充分でした。

DSCN0870.jpg
The Viewと断崖に立つレストランです。
広いソファーでくつろぎながら、ちょっと一杯…。
風がかなり強いので寒いくらいでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2001年2月、25歳の時にTJ Prannaraiをタイで操業しました。翻訳、通訳派遣、法律本の出版を行う会社を経営しております。会社経営と同時に2015年より泰日経済技術振興協会でタイ労働法の講師を務めております。2020年3月、日本大学大学院を修了しました。修士論文のテーマは「タイの日系企業における労務施策とその影響」です。

コメント

コメントする


上の計算式の答えを入力してください

目次